自己紹介

普通のサラリーマンの私がブログを始めた5つの理由

投稿日:

なぜブログを始めたのか

こんにちは。くじらです。

今日は、なぜ私がブログを始めたのか振り返ってみます。

自己紹介の一部と思ってお付き合いください。

1.情報発信や交流をしてみたかった

「ネットを経由して自分の考えや情報を発信してみたい。様々な人と交流してみたい。」と思ったのがきっかけです。

このブログは投資情報をメインに発信したいと思っていますが、実際の自分の周りには投資の話ができる人が殆どいません。

投資は基本的に自己責任ですが、やっぱり様々な人と意見を交換してみたいですね。知らない手法や失敗事例が転がっていたり、とても参考になることが多いと思います。

ちなみに、今はあまり身の回りの人に投資の話はしません。職場の休憩時間に話を出したら「金儲けのことばっかり考えてちゃダメだよ。」と軽く説教されたのがショックだったので(汗)

2.副収入にも興味があった

毎月に50万とか100万とかのレベルで、多額の広告費を稼ぎ出すブロガーがいると知ったのも、きっかけの1つです。

このブログは、投資でアーリーリタイアを目指すブログですので、もし広告収入が発生するようなら全て投資に回します(笑)

仮に月1万、年に12万円稼げるブログだとしたら、株の配当に換算すると利回り5%で見ても240万円の資産です。ここまで稼げるようになるとブログの資産価値ってすごいですよね。

ちなみに、今はブログを始めたばかりですし、収益狙いがメインではないので、稼ぎはほとんど0に近いです( ゚Д゚)

3.華やかで自由で楽しいイメージがあった

ヒトデさん、イケハヤさん等を代表とする著名ブロガーの露出が今とても増えていますよね。自分から見ると、この人たちが生きている世界は、とても自由で楽しい世界に見えました。

それで「自分もそういう世界に飛び込んでみたい。」と思い立ってブログを設立しました。昔から思い立ったらすぐ始めるタイプなので、本当にすぐでしたね(笑)

4.自己表現とストレス発散

自分は割と大人しめの人間です。親しくなってくると、おちゃらけたりもしますが、現実社会では基本的に猫をかぶっています。

そんな中、ブログという半仮想の世界で、現実の自分とは違う自分を出せたら面白そうだと思ったのも背景の1つです。

ブログ上でも普段は現実の自分に近いキャラですが、たまにネジが外れる時があるかもしれません(笑) その時は目を瞑ってご容赦ください(;’∀’)

ふなっしーみたいな、ハッちゃけたキャラクターにはどうしても成りきれませんが、本当は少し憧れがあります(=゚ω゚)ノ

あれだけ弾ければ、きっとストレス発散にもなるはずですよね(笑)

5.目標を宣言して達成するため

皆さんは「宣言効果」という言葉をご存知でしょうか?

周囲に目標を宣言すると、やる気が出て目標達成しやすくなるという現象のことです。

この目標宣言とやる気の関係は、心理学の分野では「宣言効果」と呼ばれ、効果も認められているそうです。実はこのブログは、アーリーリタイアするという私の目標を全世界に宣言するために始めたのです!

皆さんの中でも、成し遂げたい目標がある人は、是非周りに宣言してみてください。それを励みに頑張ればきっと実現するはず!まずは私が実証してみせますので、それまでお付き合いください!

まとめ

今日はなぜ私がブログを始めたのか、自分を振り返って整理してみました。

振り返ってみると、始めた理由は1つではなくて5つもありました。

色んな理由がありましたが、始めてみると文章を書いて世間に発信するということが、今は単純に楽しいです。まだブログを書くか迷っている方へは「やってみたら楽しい」という事をお伝えしたいです。

それではまた!

-自己紹介

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

サラリーマンが1000万円を運用してアーリーリタイアを目指します

こんにちは!「くじら」と申します。30代サラリーマンです。 いきなりですが、自由な生活に憧れ、アーリーリタイアを目指すことにしました。 今までの投資実績は大したものではなく、初心者レベルだと思います。 …

30代大手メーカー社員の給与をコッソリ公開します

30代のメーカー社員の給与を公開します こんばんは。 4月に入って環境が変わり、仕事も忙しさを増してきました。 なかなかブログ更新ができていません。 更新を楽しみにしてくれていた方、すみません! 今日 …

婚活サイトで知り合った彼女が投資女子だった件について

婚活サイトで知り合ってそろそろ一年の彼女 30代にもなってまだ独身の私は、両親や周囲からのプレッシャーもあり「そろそろ結婚も考えないといけないかな」と思うようになりました。 とはいっても、仕事漬けの毎 …